モテる服メンズって?オーストラリアの日本人男子ファッション分析

男のモテ服全身コーデをみてみる

 

 

モテる服メンズって?オーストラリアの日本人男子ファッション分析

 

モテる服メンズって?私はオーストラリアに住んでいるのですが、こちらにいる日本の男の子(20代くらい、留学、ワーキングホリデーなど)のファッションについて言いたいことがあります。
一言「作り過ぎ」です。アクセサリーや小物の使い過ぎ、過剰な重ね着、手を掛け過ぎの不自然な髪型、これ見よがしのワンポイント(例;地味な服に突然赤いソックス)...といった、どうしても気になることがいろいろあります。そしてこれらは日本人に限って共通していることで、オーストラリア人やほかの国の人には見られないことです。こうしたファッションを見るとすぐに「あれは日本人だな。」と判別できるほどです。

 

モテる服メンズで日本男子は決してファッションに対する努力を怠っているわけではなく、むしろ努力をし過ぎるほどしていると思います。その点は評価します。しかし方向が間違っていて、間違った方向へ暴走している人がたくさんいるのです。ファッションはその人の個性を際立たせるためのものだと思うのですが、彼らの場合ファッションと個性の関連性が無くなっていることが第一の問題だと思います。きっと「外国で馬鹿にされないように思い切りおしゃれをしないと。」という気持ちが底にあって、自分を見せるより自分を隠してもっと良く見せようとする結果、どこか過剰で不自然なファッションができあがってしまうのでしょう。

 

オージー男性のファッションは、良く言えば自然体、はっきり言えば何も考えていません。カジュアルはほぼ1年中Tシャツ、短パン、ビーチサンダルで寒くなったらGパンとジャケットが加わる程度です。それでも彼らは変には見えません。決して足の長さや顔の問題ではなく、そのファッションがその人の個性やライフスタイルとぴったり一致しているからなのです。日本男子のファッションに必要なものは「さりげなさ、自然さ」です。自然体の自分を見せることをファッションのテーマにしてもらいたいです。そして自然体の自分を見せるためにに必要なのは「自信」です。モテる服メンズって自信を持つこと。...日本男子が輝くためにはまずここから、ということになります。

 

女子ウケ率90%以上のモテ服コーデをみる