30代男性のファッションは、今の感覚では重い。改善策はこれ!

モテ服メンズ、スプートニクスのコーデをみてみる

 

 

30代男性のファッションは、今の感覚では重いです!

 

私自身30代男性なので、今流行っているファッションと自分との感性の違いに最近気がついて、これはダサイと感じたばかりです今の30代は、10代か20代のときがバブルの絶頂期でした。あのとき私はまだ社会人ではありませんでしたが大学生の頃で、アルバイトをして貯めたお金のほとんどをファッションやライブやクラブに行くことに費やしていました。当時人気だったブランドは、エイプやアンダーカバ、A.P.Cやアバハウスやトランスコンチネンツなどで、ビームスやアローズやシップスといったセレクトショップも人気がでてきた頃でした。

 

大学が東京との境にある千葉県の大学だったので、アルバイトは少しでも時給の高い東京でばかりでしたし、週の4、5日かもしかすると週6、7日は東京で過ごしていました。アパートは江戸川沿いのところだったので、江戸川区までは数百メートルのところに住んでいました。その頃のファッションの感覚でいると、今の主にユニクロが推しているポップで軽い色合いは、かなり違って感じます。今の30代の感覚からすると、ちょっと明る過ぎて軽過ぎてくだけ過ぎてるよな、というのが正直な感覚だと思います。ストリートファッションが出てきた頃に重なる30代のファッションの常識では、色は黒やシルバー、鎖や革を使ったもの、Tシャツのプリントにはロックさが出ているもの、というのが当たり前でそれがオシャレでした。

 

でも今その感覚で服を選ぶと、まちがい無く重過ぎて暗過ぎます。街を歩くと、自分が浮いていることがわかります。そういったハードなものは好まれず、ポップでソフトなものが今のスタンダードとなっています。だからといって、30代が今のファッションをそのまま取り入れようとしてもそれは無理があるので、30代の自分の感覚から選んだポップな軽いものを身につけるようにすると、ダサイファッションにはなりにくいだろうと思います。

 

151515151