秋冬メンズファッションの着こなし@足がスラッと見えることも大事

秋冬メンズファッションの着こなしをもっとみてみる

 

 

秋冬メンズファッションの着こなし@足がスラッと見えることも大事

 

私はアパレルの仕事をしていますが男性のスタイリングまで口を出したいとは思っていません。おしゃれな人もいいですが好みとしては中の下くらいのセンスの男性のほうが好きです。また男性の好みなどは良く分からないので本人がいいと思って着ていればそれでよしとしています。比較的男性のファッションには無頓着な自分ですがひとつだけNGを出したいファッションがあります。それはジャージやウラゲ(スェット生地)のボトムです。ジャージやウラゲは近年スポーツだけでなくおしゃれアイテムにも取り入れられている生地です。女性のアイテムにも多用してありストレッチ製や丈夫さなど着用しているなかでの利点はたくさんあります。だけどなぜこれらの生地のボトムを着てほしくないのかというとまず秋冬のデートにしては見た目が寒すぎる、ということ。それから秋冬メンズファッションの着こなし、これは時期に関わらず本当にやめて欲しい理由なのですが「下半身のシルエットがまるみえ」であることです。

 

秋冬メンズファッションの着こなしで、どんなに彼がいけていてもトップスやアウターのボリュームに対し下半身がほっそーく見えて全体としてもバランスが悪い。お尻の筋肉や骨格がそのまま出ているし前もなんとなく、目のやり場に困ってしまいます。本人は動きやすいスタイルでと思っているかもしれませんが女性も同じく、着やすい動きやすい素材というのはこういうデートというオフィシャルな場での着用はもっとも気をつけなければいけません。しかもスポーツをするわけでもないデートでなぜこの生地なのか…気になりながら一日を過ごします。相手のことを嫌いになるわけではないですがちょっとだけ困った気持ちにはなってしまいますね。秋冬メンズファッションの着こなしできれば男性の場合、ボトムは硬い生地のもの、デニムや厚めのチノがいいかなあとは思います。そのほうが例え足腰が華奢でもたくましく見えるし秋冬のトップスに対しバランスもとれます。また足も長く見えたりするのです。

 

 

151515151