好感度が高いメンズファッション@基本『やりすぎ感』があるのはNG

好感度が高いメンズファッションをもっとみてみる

 

 

好感度が高いメンズファッション@基本『やりすぎ感』があるのはNG

 

好感度が高いメンズファッションとしては『清潔感』が大切だと思います。例えば、白いシャツ。ブランドで高価格なものでも、襟元がくたびれていたり皮脂で変色してしまっている物を着用しているとそれだけでマイナスな印象を受けます。同じようなデザインで、とてもリーズナブルな物だったとしても、襟元のヨレや変色がないというだけで好印象を受けます。以前お付き合いをしていた方が、ブランド物を好んで着用している方でした。『ブランド物はモノがいいから長く着れる』と、何年も前に購入したTシャツやパーカーを愛用していました。しかし、いくらモノがいいといっても何年も繰り返し着ていれば服はくたびれてきます。きちんと手入れをしていれば服の寿命は伸びるかもしれませんが…。けれどお付き合いしていた方は当時20代半ばの独身男性。好感度が高いメンズファッションで服の着脱に気を使うわけもなく、染み抜きなど洗濯に気を使うわけでもない。なのでTシャツの襟は伸びきっていたり、色が褪せてきていたり、白いシャツの襟元は皮脂で黒ずんでいたり…せっかくブランドを着ていても『だらしない』『貧乏くさい』服装になっていました。

 

更に彼はオシャレであごヒゲを伸ばしていたのですが、きちんと手入れされていたにもかかわらず服装と相まって『不潔そう』に見えてしまいました。一緒に歩くのがちょっと嫌だったことを思い出します。いくら「もうそのTシャツ寿命だよ」とアドバイスしても、高価だった事もあり捨てることを嫌がり、それもきっかけの1つとなりその彼とはお別れしました。『清潔感』がある服装をしていれば『きちんとしている人なんだな』という印象を受けるし、さらに『仕事もプライベートもしっかりしている人なんだな』とまで思ってもらえる可能性は高いです。いくら仕事ができプライベートも充実していたとしても、シャツの襟元や袖口が黒ずんでいたりアイロンがかかっていなければ『仕事できなさそう』とか『だらしなさそう』とマイナスなイメージを持たれてしまうかもしれませんね。個人的に好感が持てる男性の服装は「シンプルイズベスト」です。デニムに白いカットソー、きちんと手入れされた靴やスニーカー、小物も最小限にとどめた服装が好きです。小物はブランドのちょっといい物を着用していれば完璧です。ヒゲや髪型はその人に似合っていればいいと思いますが、基本『やりすぎ感』があるのはあまり好きではありません。

 

女子ウケ率90%以上のモテ服コーデをみる